Google Analyticsのデータ保持期間

Google Analyticsのデータ保持期間の設定して、自動削除を防ぎましょう。

2018年5月25日までに、Google Analyticsの「データ保持」の設定を変更しないと、26カ月以上前のデータが自動で削除されるという情報がありました。いつからこの設定があったかは定かではありませんが、デフォルトでは、「26カ月」となっています。その為、2018年5月25日までに、設定を変更しないと、自動でそれ以前のデータが削除されるという事になります。
 
 

データ保持期間の設定方法

・左メニューの下記画像の管理メニュをクリックします。
・トラッキング情報をクリックして「データ保持」をクリック
・ユーザーデータとイベントデータの保持を任意の期間に変更して「保存」

たまに過去データを見たい事もあるので、設定し直しておくのもひとつの手かもしれませんね。
24時間後に反映されるらしいので、GW前までには済ませておきたいですね。